西三河の意見交換会

Posted by nakane on 10th 1月 2018

西三河9市1町の首長の皆様と、西三河自民県議団との意見交換会。

インフラ整備に関するテーマ。

さすが愛知のものづくりの中心地域です。

産業需要にインフラが追い付いていない!

生産性向上と言うなかで物流コストは道路整備による。

と、攻めのご意見ばかりです。

(公共事業で地域の衰退を支えるんだという意見はひとつもありません。)

 

また、自動車のEVシフトがもたらすかもしれない変化について、

危機感の共有もしていかなければならないのではないか。

というご意見に共感です。

変化にともなう企業の新しい動きを後押しする事、

行政として、土地利用を含め、その動きの障壁とならないように変化させていく事。

広域行政としての県の出番も多いと感じています。

 

11月

成人式おめでとうございます

Posted by nakane on 9th 1月 2018

1月7日は岡崎市の成人式。

新成人となられた方は3,956人でした。

 

翌、1月8日は幸田町の成人式。

同様に、新成人となられた方は440人でした。

 

新成人の皆様、その新成人を育んでこられた皆様、

本当におめでとうございます。

 

印象的であったのは、

式典の中で紹介された恩師の先生方が、新成人に対し

「おめでとうございます。」と丁寧語で申される姿。

あなたたちを大人として扱うのだよ、と言っているようでした。

新成人皆様の前途に幸多からんことをご祈念申し上げます。

 

 

Categories: 岡崎市,幸田町
11月

ぬかた商工会の新年名刺交換会

Posted by nakane on 6th 1月 2018

岡崎市ぬかた商会さんの新春特別講演会。

講演の講師は、牧平の三浦園芸さん。

ハイドロカルチャー(=水耕栽培の観葉植物)で国内にとどまらない活動をされています。

とっても良い内容でした。スゲー!と思うのと同時に、やる気と勇気が湧いてきます。

土に代わるカラフルな資材に使われているのは三州瓦の廃材。

アイディアの源泉である異業種交流を行い、それを実現するための研究機関とを結びつける、

その起点・サポート機能に、おかしん塾があったということが、嬉しくも驚きでもありました。

なぜなら、私のいとこ達と三浦さんとは、おかしん塾でお友達だから・・・。

 

さて、講演後には、山内会長からのご挨拶。

私も、皆様へのご挨拶の機会をいただきました。

 

続いては、ぬかた商工会に本年度入会された皆様の紹介。

左から、咲蔵屋の酒井さん、額田の杜農園の山口さん、つばさ交通専務の神谷さん、

マスターコーティング東三河店の寄田さん、清水新聞店の清水さん。

 

その後の交換会にて、鈴木静男岡崎市議より。

 

11月

もうすぐ開館、新額田センター

Posted by nakane on 5th 1月 2018

 

2月13日にオープンする新額田センター。愛称は、こもれびかんです。

手前の建物が行政棟、奥が活動室などの市民活動スペースと図書室。

「図書館で子どもは黙らなくても良い。子どもの声は未来の声。」

といった言葉を思い出しながら眺めました。

絵本を開いた子どもは、「ねぇ見て!」と感動を伝えたいものでもあります。

子どもの感動があふれる施設になって欲しいと思います。

 

すぐ近くには桜の花。四季桜ですね。

さむ~い日続きですが桜の花になごませてもらいました。

岡崎市の新サクラのピンバッジと一緒だと思いながら一枚です。

 

11月

あけましておめでとうございます

Posted by nakane on 1st 1月 2018

明けましておめでとうございます。

皆様にはお健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

平成30年は、戊戌(つちのえいぬ)。

木々の繁茂と枝打ちから、変化が現れる年なのだそうです。

変化を力に換え、前進の年にして参りたいと思います。

 

さて、元旦は、岡崎市の新年交礼会です。

主催は岡崎市と総代会連絡協議会さんで、

元旦に行政の祝典があるのは珍しいと言われますが、

昭和の早い時期から続いている伝統の慣わしです。

来賓には、大村愛知県知事をはじめ、衆参国会議員の先生方も参加。

私も、県議を代表してのご挨拶に立たせて頂きました。

 

会場ロビーには、パース模型の展示。

これから整備が進められる籠田公園と太陽緑道のものです。

 

 

Categories: 岡崎市
11月

山村の振興

Posted by nakane on 20th 12月 2017

 

大村愛知県知事への要望会。

司会進行を務めています。

 

設楽、東栄、豊根、新城、岡崎、豊田、南知多、西尾の町村長さん、副市長さん、

および県内林業・緑化木関係の団体長の皆さんにご出席を頂き、

山村離島についての振興策ならびに予算要望です。

1212月

岡崎モーターフェスティバル

Posted by nakane on 18th 12月 2017

岡崎市中央総合公園で行われた、岡崎モーターフェスティバル。

まずは、目玉のフォーミュラーカー走行の動画。

こちらから ↓ ↓

岡崎モーターフェスティバル

ドライバーは中嶋一貴さん。

この他にも、クラシックフォーミュラや、

レッド・サラマンダー、自衛隊車両など、様々な車のデモ走行。

 

他にも、三菱さんによる45度体験、

 

レーシングカーのタイヤ交換体験、

 

こちらは中嶋悟さん、一貴さん、大祐さんによるトークショー。

写真はジャンケン大会のもの。

 

他にも、様々な車の展示や工作教室、

マウントディスプレイを使ったVRなど、催しモノもり沢山です。

 

 

1212月

新聞ネタですが

Posted by nakane on 17th 11月 2017

 

今日の新聞から。

岡崎の話題が沢山あるなぁと思って。

 

振り込め詐欺の被害を防止する岡崎信用金庫さんの取り組み、

滝山寺境内にある日吉山王社の修復に、守る会が立ち上がったこと、

恵田小学校の落ち葉スキー開場式、

先日のジャズストリートのこと、

春の高校選抜、21世紀枠の県推薦校に愛産大三河が選ばれたこと、などなど。

 

Categories: その他,岡崎市
1111月

恵田小 落ち葉スキー60周年

Posted by nakane on 16th 11月 2017

風が冷たい朝です。

母校、恵田小学校で落ち葉スキーの開場式が行われました。

落ち葉スキーは、今年で60周年を迎えました。

 

落ち葉スキーがはじまったのは昭和32年。当時の校長先生は、浅井修先生でした。

鳥取のサンドスキーを参考にされたことや、竹の先を七輪であぶって曲げた話など、

当時のお話もお伺いすることができました。

 

 

 

1111月

岡崎と蒲郡のあいだ

Posted by nakane on 14th 11月 2017

気になった新聞の記事。

岡崎と蒲郡のあいだ、たぶん国道473号線の鉢地坂トンネルだろうと思います。

473号線は県が管理する国道で、新東名高速道路の岡崎東インターから蒲郡市に抜ける最短ルート。

しかし、昭和8年に開通したトンネルは狭く、大型トラックは通れません。

間違って進入した大型トラックをバックさせた話しはこれまでにも聞いていましたが、

3か月に1度の頻度とは驚きです。

新たなトンネルを望む要望は、蒲郡市・岡崎市の両市から提出されており、

この実現に向けた意見交換会を県・両市・両商工会議所で行っているところです。

引き続き、粘り強く、連携を強めながら取り組んでいきます。

 

1111月

おかざきっこ展

Posted by nakane on 11th 11月 2017

土曜、日曜で、おかざきっこ展が開催中。

我が子の作品は…姉弟似たようなの作ってるなぁ。

会場は、力作ぞろいです。

Categories: 家族,岡崎市
1111月

自動走行に乗車

Posted by nakane on 6th 11月 2017

愛知県が岡崎市や幸田町と協力して進めている車の自動走行。

その実証実験車に乗る機会に恵まれました(感謝)。

岡崎市福祉の村から、岡崎市民病院と中央総合公園を挟んだ、愛知県三河青い鳥療育センターまでの福祉想定した中で、

今回は、岡崎市福祉の村から中央総合公園の駐車場までを区域として行われました。

カーブはもちろん、クランクの運転も予想以上にスムーズです。

 

動画はこちらから ↓↓

ムービー 自動走行01

 

車の自動走行は、世界がその技術革新と標準規格を争っている分野。

実用間近と言われる中で、日本は世界と互角の競争をしています。

その中核にいるのが中部のモノづくり企業の皆さん。私も応援団の一員です。

 

1111月

消防団ポンプ操法大会(岡崎市)

Posted by nakane on 22nd 5月 2017

平成29年度 岡崎市消防団消防操法大会が開催されました。

小型ポンプの部、出場は全24チーム。優勝は、河合消防団 第5部さん。

ポンプ車の部、出場は全12チーム。優勝は、矢作消防団 第5部さん。

おめでとうございました。

小型ポンプ優勝の河合5部さんは、岡崎市の代表として、

8月2日に碧南市内で行われる愛知県大会に出場されます。

 

各受賞は、以下の通り。

【小型ポンプの部】

優勝 河合5部

準優勝 額田2部

優秀賞 額田4部

敢闘賞(第1レーン) 福岡3部、梅園2部

敢闘賞(第2レーン) 羽根4部、男川3部

敢闘賞(第3レーン) 常磐6部、額田3部

【ポンプ車の部】

優勝 矢作5部

準優勝 山中1部

優秀賞 矢作4部

敢闘賞 竜谷1部、根石1部

 

それぞれの、タイム&得点はこのようになっています。

 

 

55月

満開ですね♪

Posted by nakane on 7th 4月 2017

写真は、岡崎公園の河川敷。

打合せへ向かう道中の一枚です。

 

続いては、同じアングルからの昨夜の桜。

こちらはお花見です。

家族+甥っ子くんとで出掛けてきました。

小雨混じりの天気に、子どもは傘にカッパにのフル装備。

屋台での買い物は、

綿菓子、フライドポテト、たこ焼き、広島焼き、焼きそば。

全部500円。同じ値段なんですね・・

 

44月

4/9は、家康行列

Posted by nakane on 6th 4月 2017

平成29年度の家康行列は、4月9日(日)。

今回の目玉は、俳優の藤岡弘、さんが参加されること。

昨年の大河ドラマ「真田丸」同様に、本多忠勝公をつとめられます。

昨年始まった新世紀招待列には、

今年10月に観光交流都市提携10周年を迎える金沢市から、前田利家が登場の予定です。

 

公表されている行列先頭の通過予定時刻は次の通り。

伊賀八幡宮出発/13:30
能見通一交差点/13:50
本町一交差点/14:05
康生北交差点/14:10
籠田公園/14:20
島町交差点/14:35
東岡崎駅前交差点/14:45
乙川河川敷到着/15:00

詳細や、交通規制等については、岡崎市観光協会さんのホームページ ↓ ↓ をご確認ください。

https://okazaki-kanko.jp/feature/iyeyasugyouretsu/kisei

 

 

Categories: 岡崎市
44月

平成29年の地価公示

Posted by nakane on 31st 3月 2017

 

岡崎市、幸田町の地価公示 標準地点の一覧(PDF) ↓ ↓

地価公示2017

※一覧表は、発表資料を元に私が作表したものです。誤り等ございましたらご指摘下さい。

 

 

国土交通省から、平成29年1月1日時点での地価公示が発表され、

岡崎市と幸田町については、おおむね横ばい~上昇の傾向にあります。

 

ブログ掲載の愛知県図は、

住宅地を対象とした名古屋圏の価格増減傾向を色分けで表示されたものです。

地価の増減分岐点が、東西三河のどこ辺りにあるのか気になっていたのですが、

豊橋、田原、新城・北設が含まれていません。

東三河は浜松経済圏と捉えられているのかなぁ。。意外な発見でした。

 

 

33月

岡崎市こども発達センター

Posted by nakane on 26th 3月 2017

 

 

岡崎市の福祉の村です。

ここは、子ども達と毎年お餅つきをした思い出深い場所でもあります。

この福祉の村の中に、子ども発達センターが完成し、

その竣工式にお招きをいただきました。

施設の愛称は「すくも」。すくすく育つ子ども、から名付けられています。

岡崎、幸田の拠点施設になります。

建物内の大まかな区分けは、

1階が、乳幼児を中心とした発達に不安のある親子の相談機能。

2階が、もう少し大きくなった子どもを対象とした通所療育機能。

3階が、医療的な支援を行う診察室、

などが設置されています。

 

晴れた良い日ですが、例年と比べて寒いのか、

桜の開花はまだまだのようです。

それでも、桜の下では宴に興じる方々の姿。

桜の枝見という感じでしょうか(笑)

 

 

Categories: 岡崎市,幸田町
33月

消防団 ポンプ受入れ式

Posted by nakane on 13th 3月 2017

 

岩津消防団第13部さんの小型ポンプが新しくなり、

その受け入れ式が桑原神社の境内でとりおこなわれました。

写真は、安全祈願に続いての、ポンプ起動と放水の様子。

毎年秋に行われる技術発表会のように、

台に乗せられた石を、放水で落としていきました。

火事が無いのが一番ですが、

消防団皆さんの日頃からの訓練に敬意を表します。

 

さて、この桑原神社は思い出の地。

この神社に伝わる江戸時代の相撲の古文書をきっかけに、

町や学区の方々とまちづくりに汗していた30歳代が懐かしくよみがえります。

 

33月

もうすぐ閉鎖の県営グラウンド

Posted by nakane on 12th 3月 2017

サッカーの大会、岡崎フレンドマッチ・トキワカップ。

県内各地はもとより、滋賀・岐阜・静岡のサッカーチームも参加しての大会は、

第26回と銘打っていますが、連続開催に至るまでの開催を入れると、

もう30回以上開催されているのだそうです。

 

県営グラウンド(岡崎総合運動場)は、岡崎市に移管されます。

それに伴い3月末をもって閉鎖し、

県による施設撤去工事と、岡崎市による改修・建設の工事に入ります。

リニューアルオープンは、2020年度の初め頃を想定した計画となっています。

そんな思いで見つめるグラウンドが寂しげなのは、早春の冷たい風のせいでしょうか。

 

小学校6年生がプレーするこの大会は、彼らにとって少年サッカーチーム最後の舞台でもあります。

選手宣誓では、「このグラウンドでプレーするのは僕たちが最後になります。」のフレーズ。

彼らなりに理解をしていますので、わざわざ来賓挨拶で大人の事情を説明するのは無粋というもの。

土曜が予選、日曜は決勝。彼らの奮闘を祈ります。

 

33月

小規模学区の交流会

Posted by nakane on 27th 2月 2017

恵田学区社会教育委員会さんの呼びかけで、

恵田学区、常磐東学区、下山学区の3学区交流会が開催されました。

学区の交流会と言っても、写真の通り、児童の会ではありません。

児童数の減少という、同じ社会課題を持つ3学区での意見交換会です。

隣接する3学区ですが、中学校区が全て異なっているのも特徴的です。

顔見知り同士の皆さんですが、学区の事業を紹介しあうのは新鮮な機会であったと思います。

公共交通としてのバスのこと、

家を建てられる要件のこと、

若者の結婚のこと、などなど。

 

会議室での意見交換に続いては、

恵田小学校らしく、児童有志による落葉スキーの実演もありました。

一日で結論が出る話ではない、大きなテーマです。

今後、各学区の行事等を実際に見にいく交流から始めて行きましょう、

との提案で、第一回を閉じました。

 

 

22月

交通・地域安全 総決起大会

Posted by nakane on 13th 2月 2017

 

先週末に催されました岡崎市 交通安全・地域安全 市民総決起大会。

時折小雪もちらつく天候でしたが、雪による交通の支障等は無く、ほっと一安心です。

 

式典では、これまで地域の安全・安心にご尽力をいただきました方々の表彰。

心から敬意と感謝を申し上げます。

また今回、県議を代表しての挨拶に立たせていただきました。

週末時点での愛知県の交通死亡事故死者数は18名(全国ワースト2位)ですが、

誰一人として失われて良い命などありませんし、

安心して暮らせる環境は、地域の目・地域の絆で守っていかねばなりません。

今年一年も交通安全・地域安全が成し遂げられるよう祈念して止みません。

 

中央総合公園の入口にあったポスター。

これも岡崎市政100周年記念事業の一環のようです。

もうすぐプロ野球オープン戦を迎える時期になるんですね。

岡崎市民球場での 中日 VS 巨人 は、3月8日(水)午後1時プレーボールだそうです。

 

22月

ノーベル賞 大隅先生の記念講演

Posted by nakane on 12th 2月 2017

 

ノーベル生理学・医学賞を受賞された大隅良典先生の記念講演が岡崎市民会館で開催されました。

講演に先立っては、

愛知県学術顕彰が大村知事から、岡崎市民栄誉賞が内田市長からそれぞれおくられました。

 

(講演中の撮影・録画は禁止とのことで、以降写真はありません。)

 

「オートファジー 細胞のサイクルシステム―観る・知る・解く喜び―」と題した記念講演、

自然科学研究機構のシンポジウムという位置づけですが、

冒頭、大隅先生から「今日はなるべく平易に話します。」とあったように、

中学・高校・大学生の招待や、一般申し込み市民の参加を意識いただいての講演。

講演の最後には、

・長い人類の歴史の中で考えよう。

・自分の興味、抱いた疑問を大切にしよう。

・自分の小さな発見を大事にしよう。論文や溢れる情報からではなく、自然現象から出発しよう。

など、科学を志す学生へのメッセージがありました。

 

講演の途中部分、

ATGタンパク質群、オートファゴソーム、P13キナーゼ、PAS、タンパク質の階層性・・・

一生懸命に聞きましたが、オートファジーのしくみについては記述できません (^-^;)

 

講演後には、

会場の中高校生からの質問を受け付ける「大隅先生に聞いてみよう」、

「子どもたちによる研究発表コーナー」では大隅先生からコメントを頂く企画。

それぞれ貴重な体験になったことだと思います。

 

22月

建国記念の日です

Posted by nakane on 11th 2月 2017

今日は建国記念の日。

全国各地でお祝いの行事やパレード等が行われるようになってきましたが、

岡崎は今年で第52回。

総代会が中心となった実行委員会での奉祝祭が毎年行われてきた歴史があります。

私もかつては実行委員の一員でした。

商店街などの道路に国旗がはためく光景も当時はひと苦労でした。

 

さて、今日の式典、

国会議員の先生方から、今上天皇陛下のご譲位を政争の具にしない、とのご挨拶がそれぞれありました。

良かったです。実現を望みます。

私も、県議を代表しての登壇をさせていただいました。

 

式典に続く講演のタイトルは、「国を守るとは何か、尖閣の防衛から考える」。

講師は、元海上保安官 の一色正春氏です。

中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突してきた動画を公開した方と言えば分かって頂けるでしょうか。

「皆さん私がsengoku38です・・・」なんて始まるのかと思っていましたが、

「統治の要件とは何でしょう」、「国の歴史の位置づけとは何でしょう」と、冷静かつ理性的な始まりでした。

 

22月

日本一の岡崎城石垣

Posted by nakane on 31st 1月 2017

直線城塁石垣としては日本一の岡崎城。

昨年その存在が確認された菅生川端石垣の現地説明会が、先日29日に行われました。

次回は2月19日です。ぜひぜひ、ご予定ください。

写真は、午前と午後に行われた説明会の休憩時間に訪れた際のもの。

それでも、見学される方は切れ目なく来られており、

石垣ファンの存在を確信するところです。

 

卍などいろいろな種類の印が彫られた石がいくつか見られます。

普請をした武士の目印でしょうか。

 

出土した瓦、陶器類。

瓦の紋は水野家のものですね。

 

岡崎城には、石垣ファン垂涎の見どころがまだあります。

本丸北側にある清海堀り。

松平氏の前に岡崎を治めていた西郷氏の頃からの土塁と言われています。

 

本丸の石垣。これも北側の写真。

階段の先にある大きな石は「鏡石」。

石垣が2段になっているのが分かるでしょうか?

これは豊臣時代、岡崎に入って石都岡崎の礎を築いた田中吉政時代の特徴なのだそうです。

この他にも、

武者返しが無い石垣の積み方をしているなど、様々な時代の特徴が残っている箇所もあります。

ぜひ、探してみて下さい。

 

11月

鉄道が気になっています

Posted by nakane on 25th 1月 2017

昨日の議連設立に関連して、鉄道に対して気になっていることを少し書いてみようかと思います。

 

リニア中央新幹線の名古屋駅工事が、昨年12月起工式を終え、始まりました。

目下のところ、愛知県の交通政策目標は、名古屋駅まで40分圏域の拡大。

車と電車を組み合わせて名古屋駅まで何分で行けるかが焦点になっています。

 

一方であるのは、不採算路線の縮小・廃止。

私は、自民党県議団で山村離島振興議連の事務局長というお役をいただいています。

佐久島は、映画・名探偵コナンの舞台ともなるアート事業や、クラインガルデンなどの来訪&滞在事業など、

離島振興として注目の事業をいくつも行ってきています。

しかし、同時に出される言葉は交通ルートの不便さ。

渡船のある三河一色まであった名鉄三河線(海線)が廃線になった話です。

日常では車の方が便利です。でも、公共交通としての電車は地域にとって必要です。

 

この話とも呼応するような発表が、昨年11月にありました。

JR北海道が、全路線の約半分にわたる1万2千km以上を、JR単独では維持困難としたことです。

列車の高速走行を可能にするには、線路のゆがみなどを修正するメンテナンスが必要で、

これには予算全体の2割以上の費用が掛かるのだそうです。

列車の高速化 → 相次ぐ不祥事と事故 → 経営のひっ迫 → 保線(メンテナンス)費用の縮減

→ 列車速度を落とす → 移動に時間がかかる → 利用者の自動車への転換が進む

→ 経営の更なるひっ迫化

この負のスパイラルと、札幌一極集中の加速化が、この発表の背景にあるのだとされました。

マスコミ各社がざわめき立って報道したのも、

経営収支の見込みが甘かった第三セクターや、私鉄の損切りの話題ではなく、あのJRが発表したということ。

さらに、人口減少を迎えた日本が抱える課題の先鋭的な露見だという「におい」があったからだろうと思います。

インフラの保守整備と、鉄道運行の運営とを分けて考える「上下分離方式」も、

これから各地で本格的な試行錯誤がなされるのだろうと思います。

 

社会課題は常に、遠いところ、小さいところ、弱いところから顕在化します。

都会の人間が対岸の火事と無関心のうちに、里くだりを起こし、攻め寄せてきます。

また一方で、鉄軌道には「まち」をプライド付ける力があります。

東日本大震災後、ドラゴンレール(大船渡線)再開への取組はその最たる例です。

代替バスの費用は、鉄道(レールメンテナンス費用まで含めた場合)より、

一桁も安くすむという試算があるそうですが、

鉄軌道は、それ自体が、「まち」=即ちそこに暮らす人々に、

能動のメッセージを送り続ける動脈のような存在ではないかと思います。

 

明治初期(=国家の体制・財政がまだまだおぼつかない時期)、

社会資本への投資シェアにみる鉄道への割合は実に77%もありました。

新橋~横浜間を、日本ではじめて蒸気機関車(陸蒸気)が走ったのは明治5年、

その17年後には新橋から神戸までが線路でつながり、

更にその2年後には青森までが繋がるというスピードで、全国に鉄道網が展開しました。

時代背景としては、西洋列強の植民地拡大に対抗する必然性(=兵隊の高速・大量輸送)もあったと思います。

しかし、ここで比べてみたいのは、未来に対する私たちの心構え。

 

天皇陛下の教育掛を務められました小泉信三氏の言葉を引用します。

「吾々はこの日本の国土を祖先から受けて、子孫に伝える。

鴎外が生まれたままの顔をもって死ぬのは恥だと言ったと同じように、

吾々もこの国土を吾々が受け取ったままのものとして子孫に遺すのは恥じなければならぬ。・・・

少なくとも吾々の目で見、手で触れられるこの国土の山川草木を、

受け取ったそのままの形で子孫に遺すのは不面目なことではないか。

吾々はそれを前代から受け継いだよりも好いものとして、これを次代に引き渡さなくては済むまい。」

公器としての社会を受け継ぎ、次代へわたしていく我々の、矜持といっても良いかもしれない内容です。

 

文章だけの長いブログになりましたが最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

11月

愛知環状鉄道の議員連盟が発足

Posted by nakane on 24th 1月 2017

 

愛知環状鉄道 (愛環) 沿線4市の市議会議員、県議会議員でつくる議員連盟が立ち上がりました。

愛環は、愛知県、トヨタ自動車、沿線自治体である岡崎市・豊田市・瀬戸市・春日井市の4市で構成されている第三セクター。

これまでの県議・市長でのやり取りに、沿線市議会も加えたいという動きがようやく実現したわけです。

岡崎市議会議員選挙が昨年10月にあったこともあり、

3市には立ち上げのスタートを待っていただいたような状況でもありました。

 

また、利便性向上と表裏一体にあるのは、利用者の増加を図っていくことの重要性。

北野枡塚駅が最寄駅の三菱自動車を母体とされる原田のりつぐ市議が、

今期、岡崎市議会の議長になられたことも、きっと星回りなのだろうと思います。

 

利便性向上への設備投資には、当然ながら費用がかかります。

第三セクターの優等生と言われているものの、

旧岡多線から引き継いだ老朽化した施設設備の更新をしながら運営には苦しさもあり、

新たな投資には沿線市の費用負担も含めた理解が必要になるのも事実です。

まずは、愛知県下でICカード乗車券が使えない唯一の路線となってしまった愛環が、

2019年ラグビーワールドカップで混乱を招かないようにすることは急務のひとつ。

 

その先には、

JR中央本線と東海道本線という、JR本線同士をつなぐラダー路線という性質を発揮した高速化や、

リニア時代を見据える中での、災害時のBCP(事業継続計画)機能の確保などもあります。

先人の財産を受け継ぎ、未来に向けた投資を行っていくこと、

我々には、行わなければならないことは沢山あります。

11月

本当はおしゃれだった本多忠勝公

Posted by nakane on 13th 1月 2017

今年の家康行列(4月9日)に、俳優の藤岡弘、さんが本多忠勝公として参加。

大河ドラマ「真田丸」では、武編一辺倒の武将として登場しましたが、

本当の本多忠勝公は、とてもお洒落な方だったようです。

「本多平八郎忠勝家訓」には、

さすが本多家中の者よと一目で分かるように身なりを整えなさい。

人の内面は、おのずと外見に現れるものなのです。

という教えあります。

当時のお洒落は、派手やカブキではなく、教養に裏打ちされた装いや所作のこと。

「おぬし、できるな!知っておるな!!」と相手に思わせることでもあります。

 

本多忠勝公は岡崎生まれ。生誕の地は岩津学区の西蔵前。

実はお洒落だったという意外性とあわせて、注目が注がれる年になって欲しいと願っています。

 

Categories: その他,岡崎市
11月

成人式(岡崎・幸田)

Posted by nakane on 10th 1月 2017

 

 

 

 

新成人の皆様、成人まで育んでこられましたご家族・ご関係の皆様、

人生の大きな節目をお迎えになられましたことを慶び申し上げます。

 

今年の成人式の印象として、政治参加のメッセージを強く受けました。

英国のEU離脱や、米国の大統領選挙、韓国大統領に関する政治混乱などがあったこと、

公職選挙法の改正があり、実際の投票を経験したこと、

などの背景も推測できますが、

先行きが不透明な時代感覚が一番の要因なのではないかと思います。

 

さて、幸田の成人式の会場外では消防団さんがPRと勧誘活動。

新成人の方に直接声をかけることに意味がある、と伊藤団長。

さすがです。実際に動く、アクションをおこすことの大切さです。

 

Categories: 岡崎市,幸田町
11月

消防出初式(幸田・岡崎)

Posted by nakane on 8th 1月 2017

1月7日と8日、消防出初式が幸田町・岡崎市でそれぞれ挙行されました。

まずは、幸田町。

自動車からの救出訓練を、節度ある休めの姿勢で視閲する彼。

将来の夢は消防士さんか消防団員でしょうか。

常備消防、消防団、自主防災会そろっての一斉放水。

車両に団員募集のマグネット。良いアイデアです。

各市町の消防団でも取り入れてはどうでしょうか?

 

 

つづいて、岡崎。

県からは堀井副知事が出席。制服姿を初めて拝見しました。

各表彰の栄に浴されました皆様おめでとうございます。

永年に亘るご尽力、ご功績に感謝申し上げます。

私の出身、岩津消防団による階梯操法。今年は2基での演舞です。

地面が締め固められた砂利で、ハシゴを安定させるのに不安があったとも聞きましたが、

とても素晴らしかったです。お疲れ様でした。

 

 

11月

岡崎市長、市議会議員選挙

Posted by nakane on 18th 10月 2016

10月16日(日)、岡崎市長・市議会議員選挙が同日で執行されました。

結果については、岡崎市選挙管理委員会の発表をご確認ください。

↓  ↓

http://www.city.okazaki.aichi.jp/300/306/p020292.html

 

 

悲喜こもごもの結果でありましたので、詳述はご容赦ください。

各候補への応援・ご協力に、皆様お疲れ様でした。

 

選挙の結果が判明した17日から、私は公務で宮城県へ出向くこととなり、

ご連絡等をいただきました皆様には十分な対応ができず申し訳ございませんでした。

今晩帰ってきました。

幸い移動が新幹線だったため、疲れを幾分かとることができ助かりました。

皆様もお体ご自愛くださいませ。

 

Categories: 岡崎市
1010月